熊本の木造注文住宅の新築・リフォームは新産住拓


新産住拓株式会社



アフターサービス 0120-096-110 / お問い合わせ 0120-096-112



  1. 住まいづくりのご提案
  2. 新産のこだわり
  3. ホーム

住まいづくりのご提案Concept

from デザイナー

良い間取りは敷地から生まれる

イメージ人にそれぞれ個性があるように、住まいが建つ「敷地」にも個性があります。私たちは、その、それぞれの個性を活かしたプランニングが大切だと考えます。
プランニングのスタートは、敷地を読み取ることから始まります。
“風の道”や”光の道”を考え、道路・隣地の状況や周辺環境などを知る———
例えば、道路との高低差があったり、不整形な敷地形状だったり…一見、短所のように思えることも発想の転換によって、他にはない個性につながるかもしれません。

暮らしを考える

間取りをパズルのように考えるのではなく、“暮らし方”から考えてみませんか。
お友達をたくさん招いてパーティーをしたい、苦手な家事を楽しくしたい、お風呂から心安らぐ緑を眺めたい、など、それぞれの暮らし方を考えることで、“本当に必要なこと”を見極めることができます。
あなたとご家族にとって「心豊かな暮らし」とはどんな暮らしなのか、一緒に考えましょう。

「建築は、はじめに造形があるのではなく、はじめに人間の生活があり、心の豊かさを創り出すものでなければならない。」(吉村順三)
永く愛着が持てる住まい

イメージ地震・台風に強く長持ちする構造であることはもちろん、いつまでも愛着を持って住んでいただけるような住まいづくりをめざしています。
流行を追うだけではなく、長い目で考えた飽きのこないシンプルなデザインをご提案します。また、街並みとの調和も大切ですね。
そして何より、新産住拓の最大の特長である「自然の素材」を使うことで、人工物にはない温もりと時間が経つにつれ美しく変化する「経年美」を楽しめる住まいとなります。完成したときが一番!ではなく、共に歳を重ねていくのが楽しみになるような「唯一無二の、あなたのご家族だけの住まい」をつくりたいと考えています。

from インテリアコーディネーター

無垢材がもたらす、癒しの空間

構造材のみならず、床や建具など室内空間にも国内産の無垢の木材をふんだんに用いて「赤ちゃん基準」の健康素材に配慮したインテリアをご提案しています。
可能な限り、化学物質を排除したストレスフリーのお住まいを楽しんでいただきたいと思います。

自然素材と調和するインテリア

無垢の木材だけでなく日本古来の漆喰、珪藻土等の塗り壁や無染土の畳表など、室内空間を彩る材料にもこだわっています。
人の手から生まれる手仕事の温かさと、あえて着色しない畳表の芳しい香りは、毎日の暮らしを豊かにしてくれます。
ただ、自然素材と暮らすには、多少の覚悟が必要かもしれません。
人と同じく、温度、湿度、季節の変化に反応して変化するものだから。
でも、だからこそ、愛着も湧くのではないかと思うのです。

それぞれに、居心地のいいインテリア

ひとりひとりに個性があるように、居心地がいいと感じるインテリアはシンプルモダン、カントリー、ナチュラル、ジャパネスク、などなど人それぞれ。
様々なインテリアのテイストがあります。
ご希望を伺いながら、お好みに合わせて、ご提案させていただきます。

from エクステリアプランナー

エクステリアとは

「インテリア」が建物内部を表すのに対し、「エクステリア」とは、建物外部を表します。いわゆる、門や塀、駐車場やアプローチ、植栽や庭づくりまで含み、敷地とその上に立つ住まいを結びつける役割を果たします。
木を1本植えるだけでも外観の雰囲気はガラッと変わります。建物のデザインに合わせて、木製の門や塀をつくることも可能です。建物と調和し、素材を活かしたエクステリアデザインを心がけています。

人の目線で考える

外から家に入るまでのアプローチや、家の中からお庭を眺める目線、新しいお住まいに招いたお客様の目線など、人が動く「動線」の上に「人の目線」があります。
イメージ安全で使いやすい「動線」の計画はもちろんですが、その上の「人の目線」を考えたプランニングが大切です。
アプローチ周りのデザインや樹木の配置がシーン別でどのように見えるか、また、プライバシーを確保するため、目隠しの塀や植栽の計画も必要かもしれません。
お客様それぞれのライフスタイルに合わせ、また、将来を見すえたプランニングをすることが大切だと考えます。

「緑」から生まれる新しい暮らし

紅葉を楽しむ、実を楽しむ、香りを楽しむ、木は様々な楽しみ方があります。
夏は日差しを遮り、冬には葉を落とす落葉樹、いつでも葉の揺らぎを楽しめる常緑樹など…、暮らし方を考え、場所に適した木を植えていきましょう。
「木を植え、新しいお住まいと共に育てる」、手をかけることで、更に愛着がわくお庭になります。


↑PAGETOP