熊本の木造注文住宅の新築・リフォームは新産住拓


新産住拓株式会社



アフターサービス 0120-096-110 / お問い合わせ 0120-096-112



  1. リフォームオーナー's ボイス
  2. リフォーム
  3. ホーム

リフォームオーナー's ボイス

純和室をフローリングへ
和と洋が溶けあう心地よさを実現

熊本市 M様(ご家族2名様)

M様ご夫妻が現在のお住まいを当社で建てられたのは1998年。
今回、和の趣を残し、洋風の部屋へリフォームされました。



和室の「床の間と仏壇」は残して、押入を薪ストーブのスペースにリフォームのきっかけは、ご友人がお持ちだった薪ストーブを気に入られたT様が、ご自宅にもストーブを設置したいと考えられたことでした。
「仏間は、襖で仕切ってあまり使っていなかったんです」と奥様。
新産の10年点検を受けられたこともきっかけとなり、仏間の床をフローリング(一部畳敷き)に、押入れを薪ストーブのスペースにリフォームされました。
仏間とリビングとの間の建具は外してオープンに。建具両脇の壁を取り腰壁を設置、取り払った壁内にあった耐震のための筋交いには化粧木を施し、空間のアクセントになりました。

リビングルームには、ナチュラルなイメージの内窓を設置
「リフォームを担当された大工さんが、とても造りのいい和室だとおっしゃったんです。だから、床の間と仏壇、そして長押は、そのまま残すことにしました」。
それら和の造りは、洋風の薪ストーブと違和感なく溶け込んでいます。
また、リビング・ダイニングの天井もクロスから杉板張りに変えられました。

「新産さんの住まいは、やっぱり木の造りがいいですね。薪ストーブは、友だちを招いて、『火入れ式』をするつもりです。今から冬が待ち遠しいですね」と笑顔で語ってくださいました。





  • リフォーム前
  • リフォーム後


↑PAGETOP